末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2015年03月19日

イタリアレザーの魅力は、自然な風合いを楽しめるところ。

ayame03.jpg

牛革素材として世界的にも高い支持を得ているのが「イタリアレザー」です。日本でも財布を含めて多くの革製品に活用されている革素材なんですよね。それはイタリアレザーが持っている「革らしい風合い」が多くの人に魅力的と感じてもらえているからなのではないでしょうか。

イタリアレザーは、天然素材らしい自然な風合いが魅力となっています。キズといっていも製品となってからついたものではなく、天然素材の証とも言える傷あとなどが革の風情として、魅力を感じさせる要素となっていたりします。

ゆえに、イタリアレザーを活用した本革財布を選ぶ上では、やはりそんな牛革素材ならではの風合いが豊かに感じられるアイテムを選びたいものですよね。

そんな中、ナチュラルな風合いが最も生かされていると感じるイタリアレザーに「ミネルバリスシオ」という革素材があります。こちらは革表面のキズなどは少なく、同じナチュラル感といっても「手触り感のやさしさ・なめらかさ」といった要素に自然な風合いが感じられるのが特徴となっています。

また、染色したときの色彩風情もとても優しい色合いとなっているのが魅力で、中間色を好む日本の感覚にとてもマッチしているように思っています。

こちらはそんなミネルバリスシオを本場イタリアから輸入、日本の革職人によって財布に仕立て上げたミネルバリスシオのスリムラウンド長財布「ソッティーレ」です。ほかには無い、オリジナリティーの高さが感じられる本革財布となっています。

ミネルバリスシオのスリムラウンド長財布「ソッティーレ」の詳細・購入はこちら

*素材:ミネルバリスシオ(イタリアオイルレザー)
*色彩:オルテンシア、カフェラテ
*縫製:日本
*価格:¥25,000円(税込み)

ayame04.jpg
posted by honkawa00 at 10:07 | アヤメアンティーコ
Sponsor link