末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2017年07月11日

イタリアオイルレザー”アルトアッシュガート仕様”の長財布「ポンティチェッロ」

001.jpg

オイルドレザーの表面をアッシュガート(乾燥)させた個性的なイタリアオイルレザー

日本で人気のイタリアオイルレザーですが、まだまだ日本であまり知られていないオイルレザーが存在しているものです。そんな希少なイタリアオイルレザーのひとつが”アルトアッシュガート”。

こちらは、アルトアッシュガート仕様の長財布「ポンティチェッロ」です。

アルトアッシュガートは、イタリア・トスカーナ地方で鞣されたタンニン100%の渋革を原材料として、革表面だけをアッシュガート(乾燥)加工することによって、創出される革素材。実際には、革素材自体を乾燥させてしまうわけではなく、革表面だけをアッシュガートに(乾いたように)見せる絶妙のバランスで仕上げています。

革の芯まで染め上げた芯通し革素材

アルトアッシュガートは、その色彩・色風情にも特徴が。革表面を染色するだけでなく、革の深部まで、染料を浸透させることによって、染め上げた芯通し革素材となっています。

ゆえに、革表面の色は剥げてしまうことがなく、使用する中、必然的に付いてしまう傷に対しても、色抜けを感じさせることは無いのが魅力の要素となっています。


アルトアッシュガート仕様の長財布「ポンティチェッロ」

002.jpg

*素材:アルトアッシュガート
*色彩:オリーブ、メラグラーナ
*縫製:日本
*価格¥36,000円(税込み)

アルトアッシュガート仕様の長財布「ポンティチェッロ」の商品詳細・購入はこちら。

革財布(メンズ)は、革素材の個性が大きく活かされているもの。同じフォルムデザインの長財布であっても、使用されている革素材が異なれば、見た目の風合いだけでなく、機能性も大きく異なるものとなります。それが革財布選びの楽しさにも繋がるんですよね。

そんな機能性とデザイン性の違いに関しては、こちらの本革メンズ財布情報!機能性とデザイン性のバランスに優れたフラップデザイン長財布特集。をご参考にしていただければと思います。



posted by honkawa00 at 09:54 | アヤメアンティーコ
Sponsor link