末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2017年11月12日

2017年人気のメンズ長財布(革財布)ランキング!多くの関心を集めた本革財布をご紹介。

wallet21.jpg

2017年最も関心を集めていたメンズ長財布ランキング!



今年も残るところ、約一ヶ月半。時間の流れは、早いものです。今年も、メンズ財布の人気傾向としては、本革長財布が最も高い支持を得たようですね。

そんな2017年に、どんなメンズ長財布が人気となったのか。あくまでも、独断と偏見(笑)を含んだものとなりますが、当ブログ記事(他媒体も含む)などで、閲覧数などを指標に、最も関心を集めていた本革仕様のメンズ長財布をランキング形式でご紹介したいと思います。

財布選びをする上でのご参考としていただけますと幸いです。

◆メンズ長財布ランキング!30代の男性に人気(関心)のあった本革長財布。



■メンズ長財布NO1:イタリアオイルレザー仕様の長財布。「マットーネ・マルチウォレット」
present17.jpg

今年、30代の男性の関心を最も集めていたのが、「イタリアオイルレザー仕様の長財布」でした。

イタリアオイルレザーはイタリアで生産されているオイルレザーの総称。種類も多く存在。一括りとしたときに、大差での一番人気となりました。

そんなイタリアオイルレザーの中で高い関心を得ていたのが、マットーネ仕様の長財布「マルチウォレット」です。

極め細やかで、しなやかさのあるカーフ原皮(子牛皮)を基にオイル仕上げ(パケッタ製法)によって、創出された革素材が”マットーネ”。イタリアンオイルレザーの中で最も艶やかな革風情を有しています。

この”艶やかさ”が「若さ」「活力」などを感じさせてくれる要素に。こんな革風情が30代の男性に人気を得るポイントとなっているのかもしれません。

マットーネ仕様の長財布「マルチウォレット」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)


■メンズ長財布NO2:水染めコードバン仕様の長財布。「ハイフライヤー」
rank06.jpg

実際には、30代の男性だけでなく、すべての世代に渡って高い関心を得ていたのが、”水染めコードバン仕様の長財布”でした。

CORDOVAN素材は、年々希少性が増すとともに価格高騰している革素材。正直、近年、コードバン仕様の財布は入手困難なアイテムとなってきています。何せ、原皮が手に入りにくく、財布として商品化されるまでに、長い期間を要するようになっていますからね。

”在庫なし”の期間の方が長く、上質なコードバン仕様長財布ほど、なかなか再入荷されないことから、購入することが難しくなってしまっているのが実情です。

こちらは、そんな水染めコードバン仕様の長財布の中でも、高い関心を得ていた「マイスターコードバン・ハイフライヤー」。最上級なコードバン長財布となっています。

水染めコードバン仕様の長財布「ハイフライヤー」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)


■メンズ長財布NO3:ブライドルレザー仕様のラウンドファスナー長財布「グランドウォレット」
wallet06.jpg

”丈夫さな財布””長持ちする財布”を欲しいと考えている方にとって、最も高い人気を得ているのが「ブライドルレザー仕様の長財布」です。

”豊富な収納力”という機能性を求める中で、”丈夫さ””強度”といった要素が必要と考えている方が多いのかもしれませんね。ブライドルレザー仕様のラウンドファスナー長財布が人気NO3となりました。

こちらは、シンプル&ベーシックなフォルムデザインが魅力のブライドルレザー仕様ラウンドファスナー長財布「グランドウォレット」です。ブラック・ブラウン以外の色彩ラインナップが揃っているのも人気の要素となっているものと感じています。

ブライドルレザー仕様ラウンドファスナー長財布「グランドウォレット」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)


◆メンズ長財布ランキング!40代の男性に人気(関心)のあった本革長財布。



■メンズ長財布NO1:ブライドルレザー仕様の長財布「インペリアルウォレット」
cow01.jpg

40代の男性に重要視されているのが「高級感」「上品さ」「落ち着いた革風情」といった要素です。基本的に、ビジネスシーンで活用する財布であることが念頭にあるのでしょうね。共通して、大人の男性の品格を感じさせてくれる長財布が人気となっていました。

中でも、機能性(丈夫さ)と落ち着いたシックな風合いが魅力のブライドルレザー仕様の長財布が一番高い関心を集めています。

こちらは、そんなブライドルレザー仕様長財布の中で、最も関心を集めていたブライドルレザー仕様長財布「インペリアルウォレット」です。

ブライドルレザー&ベジタブルタンニンレザー(ヌメ革)のスタンダード仕様であることも、一番人気となったポイントなのかもしれません。

ブライドルレザー仕様長財布「インペリアルウォレット」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)


■メンズ長財布NO2:リザード(リングマークトカゲ革)仕様の長財布「CL-L-LW-01」
lizard07.jpg

少々意外だったのですが・・思いの外、40代の男性からの人気が高かったのが”リザード仕様の長財布”です。

リザード仕様の財布は、世界的にもステータスが高く、高級革財布に位置づけられているもの。”クロコダイル財布”と同じ様なイメージですね。”高級感”という意味では、40代男性から高い支持を得るのも、納得です。

ただ、上質なリザード仕様長財布は、貴重なもので、あまり一般市場には、出回っていないんですよね。ゆえに、これほどまでに、関心を持っている人が多いとは思っていなかったのが正直なところです。

こちらは、そんなリザード仕様の長財布「CL-L-LW-01」。スリムなフォルムデザインがスタイリッシュさとスマートさを感じさせてくれています。ここが人気のポイントとなっているのでしょうね。

リザード仕様長財布「CL-L-LW-01」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)

■メンズ長財布NO3:ホーウィン・シェルコードバン仕様の長財布「スタンフォード」
ho02.jpg

先ほど、「コードバン仕様の長財布」は、すべての世代で高い人気を得ていることをお伝えしていましたが、40代の男性の人気傾向として、取り上げておきたいのが、「ホーウィン・シェルコードバン仕様の財布」への関心が高いということです。

希少なコードバン素材の中でも最高峰に位置づけられるのが”ホーウィン・シェルコードバン”。40代の男性にとって、エグゼクティブな高級感が魅力の要素となっているのではないでしょうか。

こちらは高級なシェルコードバンを無双仕様(すべて同じ革で作る仕様)で仕立てたホーウィン・シェルコードバン無双仕様の長財布「スタンフォード」。最高峰のコードバン財布として、高い関心を得たようです。

ホーウィン・シェルコードバン無双仕様の長財布「スタンフォード」の商品詳細・購入はこちらから(公式SHOP)


◆メンズ長財布ランキング!人気の日本革ブランド&革工房。



■人気の日本革ブランドNO1:COCOMEISTER(ココマイスター)

brand09.jpg

今年、最も高い関心を集めていた日本革ブランドが、COCOMEISTER(ココマイスター)です。実際に、販売実績(革財布の販売)においても、単体の日本革ブランドの中でトップとなっている模様。

もともとは、オンラインショップでの販売が中心となっていましたが、近年では実店舗数も急増。全国規模の革ブランドへと成長中です。

欧州皮革をメインに上質な本革素材にこだわりを持った財布アイテムを創出。今では、一般市場でほとんど見られなくなった貴重な革素材なども新規開拓。新しい革素材の魅力を多くの人々に伝える・・・そんな姿勢も感じられます。

今では、メンズ長財布デザインのひとつとして、定着している”ラウンドファスナーデザイン”ですが、昔は、あくまでレディース財布のみに使用されていたもの。

メンズ長財布として、本格的にラウンドファスナーデザインの長財布を創作。一般的なものへと普及していったのもCOCOMEISTER(ココマイスター)の功績と言えるのではないかと思っています。

COCOMEISTER(ココマイスター)の公式HPはこちらから。

posted by honkawa00 at 09:13 | 長財布メンズ
NEXT>欧州皮革の本物志向革財布の一覧はこちら!
本革メンズ折財布

本物志向のメンズ革財布「二つ折り財布」一覧。

普段、あまりバッグを活用していない方に人気の”二つ折りデザイン財布”は、ポケットら納めて持ち歩くことが多くなるもの。必然的に、キズを負いやすく、財布の型崩れも生じやすいことから、長財布以上に”強度””耐久性”が求められる要素となります。 本物志向の”丈夫な本革仕様二つ折り財布”LISTをご参照いただければと思います。