末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2013年05月05日

本革財布のお手入れ用”ドイツ製馬毛ブラシ”

本革財布を末永く活用していくために、最も大切なこととなるのは・・「労わりながら使い続けること」だと思っています。特別なメンテナンスをすることもなく、”汚れ””水”が付着したときには、すぐに取り払う・・・そんな程度のお手入れでいいんですよね。

”革財布を使い続ける”

というのは、バッグなどに入れっぱなしというのではなく、一日の中で「財布に触れて」「財布の開け閉めもする」・・そして、帰宅したらバッグなどから財布を取り出して、所定の場所に置く・・そんな一連の行動を継続することを意味しています。

”人の手で触れること”で適度な脂分が革財布に加わってくれるんですよね。それが程よい”革の保護”になり、お手入れとなるからなんです。

そんな中で、先に記していますが「汚れ」が付いたときなどはすぐに、取り払うことはとても大切な”お手入れ要素”。”汚れ”をふき取るときに使用するアイテムには、心配りが必要です。ヘタなもので、こすってしまったりしていると、革表面を傷つける要素となってしまいますので。

そんな汚れ落としに、最適なアイテムが下記の”馬毛で創作されたブラシ”です。


burashi01.jpg

本革財布のお手入れ用”ドイツ製馬毛ブラシ”の詳細・購入はこちら

*素材:馬毛、木

ブラシは、固すぎると、革を傷つけてしまいますし・・柔らかすぎれば、”汚れ”を上手く落とすことができないもの・・”馬毛”は汚れを払い落とすうえで程よい堅さを持った素材なのです。


その他革財布のお手入れ商品一覧はこちらから。

タグ:お手入れ
posted by honkawa00 at 08:12 | 革財布のお手入れ
NEXT>欧州皮革の本物志向革財布の一覧はこちら!
本革メンズ折財布

本物志向のメンズ革財布「二つ折り財布」一覧。

普段、あまりバッグを活用していない方に人気の”二つ折りデザイン財布”は、ポケットら納めて持ち歩くことが多くなるもの。必然的に、キズを負いやすく、財布の型崩れも生じやすいことから、長財布以上に”強度””耐久性”が求められる要素となります。 本物志向の”丈夫な本革仕様二つ折り財布”LISTをご参照いただければと思います。