末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2012年09月14日

コードバンの名刺入れ「蝋引き仕上げ」

cordo-maishi01.jpg本革名刺入れの中でも、”伝統”と”ステータス”を有していると言えるのが「コードバン名刺入れ」なのではないでしょうか。”コードバン”の希少性と高いステータスは世界的に認知されている要素です。そういう意味では、世界を舞台として活躍しているビジネスパーソンにとって活用したい名刺入れとして、おすすめのひとつとなりそうです。

こちらは”コードバン”を蝋引き仕上げとして素材を使用。日本の匠革職人によってひとつひとつ丁寧に創作されている名刺入れです。ゆえに、通常在庫があるものではなく・・素材が入手できたタイミングに合わせて、革職人が創作を進めていくものとなりますので、なかなか入荷されないアイテムとなっています。再入荷されたときが購入できるゆういつのタイミングとなります。

”蝋引き仕上げ”の特徴から”水染めコードバン”と比較すると、「艶感」が低いものとなっています。ただ機能的に雨・水に対して”しみ”となりにくいという特徴を持っていますので、使用頻度が高い”名刺入れ”としては、安心感を感じるポイントとなるのではないでしょうか。

商品の詳細及び購入は下記公式SHOPをご参照いただければと思います。他の一般店舗では販売されていない名刺入れですので。

■コードバンの名刺入れ「蝋引き仕上げ」の詳細・購入はこちらから。


hyouka-maishico02.jpg
posted by honkawa00 at 12:26 | 名刺入れメンズ
Sponsor link