末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2018年04月14日

「丈夫な革財布」「耐久性の高い革財布」のどちらを求めますか?!

■”丈夫な革財布”と”耐久性の高い革財布”の違い。



本革財布の強さを表す言葉として、「丈夫なな財布」という表現と「耐久性の高い財布」といった
表現があります。一般的には、あまり区別されることなく、”強い革財布ですよ”ということを
伝えるために使われている言葉ですので、さほど気にする必要はないのですが・・。

それでも革財布の特徴を知る上で、その言葉に秘められている要素・実体を把握しておくことは、損には
ならないかと。

誰かに財布をプレゼントしたいと考えた時、できれば長く愛用して貰えるような財布を贈りたいものですよね。

男性への革財布プレゼント!失敗しない贈り物ポイント&革財布。

そんな参考になるものと思いますので、「丈夫な革財布」と「耐久性の高い財布」の違いに関してお話してみたいと思います。


■”革財布の丈夫さ”=”強い革財布”。「革の強度」及び「縫製強度」が高いことを意味しています。



基本的に、「丈夫な革財布」の場合には、単純「強い革財布(強度の高い)」という意味を表しています。
革素材を引っ張ったり、せん断力が加わったときに、革素材が千切れたりしない「革素材の強度」があること。

そして、財布の革パーツがそれぞれ分断してしまわない「縫製強度」が高いことを意味しているのです。

時折、勘違いしやすいのが、「キズが付きにくい」ということと「丈夫である」ということは、また別の要素
ですので、誤解のないように。”丈夫な財布”であっても、「キズが付きにくい革財布」と「キズが付きやすいけど丈夫な財布」が存在していますので。

丈夫なブライドルレザー財布とは?!

■”耐久性の高い財布”とは「末永く活用していくことができる財布」。



対して、「耐久性の高い財布」というのは、別の言葉で言い換えると「末永く活用していくことが出来る財布」となります。

ここでポイントととなるのが、”末永く活用していくことが出来る財布”となるためには、”丈夫さ”があるだけでは、事足らないということです。

使い続けていく上で、「財布が型崩れしない(丈夫)」という要素は必要ではありますが、それ以外にも、「嫌な感じに変色しない」「朽ちた感じの風情とはならない」などの要素も大切なものとなるものです。

”色の変化”に関して言えば、経年変化によって、「レトロな風情」「アンティークな風合い」「野生的な風合い」といった感覚で感じられる色彩変化であれば、心地よく使い続けることが出来ますが・・。「汚らしい色合い」「単に汚れたような風合い」「老朽化をイメージさせる風情」へと変化していくようだと、いくら財布の形としては保っていたとしても、使い続ける気が起こらないものとなってしまうものです。

実際、「丈夫な財布」であったとしても、経年変化が美しくない財布も多々存在していることから、「丈夫な財布」と「耐久性の高い財布」とは区別して 位置づけられているのです。


■具体的な事例による「丈夫さ」と「耐久性」の違い要素。



もう少し詳しく、”丈夫な財布”と”耐久性の高い財布”の違いについて、具体的な事例をもとにお話してみたいと思います。

代表的な”耐久性の高い財布”に位置づけられているものに「コードバン財布」があります。革財布の中でも、最も耐久性の高い財布に位置づけられているひとつです。

実際のコードバン財布に関しては、こちら「日本革ブランド・革職人創作の「コードバン財布」」のサイトをご参照してみていただければと思います。

”コードバン素材”が他の革素材と比較したときの違いとして、最も異なる要素となるものが2つあります。
ひとつが「一層構造の革素材である」ということ、もうひとつが「緻密で方向性の揃った繊維構造を有している」ということです。

まず「一層構造の革素材」に関して言うと、一般的に多くの革素材は”二層構造”を有しています。薄い表面の皮層 (”銀面”と呼ばれています)とその基盤を作り上げている「繊維層」から成っています。

実は、革素材の耐久性に影響を与える要素のひとつとなるのが「銀面」の存在。”銀面”は薄い表面層なので、時間経過とともに基盤となっている繊維層との乖離が起きてくることがあります。

”膨れ””浮き”と呼ばれるもので、水の付着などの繰り返しによって、局所的に発生してくる出来事です。この銀面の乖離が起きると、財布として使い続けるのに不適切なものとなってしまうのです。

”コードバン”には、この「銀面」がありません。コードバン層と呼ばれる”繊維層”だけで構成されている
革素材だからです。ゆえに、時間経過にともなった「銀面の乖離(膨れなど)」が発生しないことから、末永く活用していきやすい革財布となるというわけです。


次に「緻密で方向性の揃った繊維構造を有している」ことに関して。一般的な革素材は、皮繊維が複雑に絡み合っているものです。

皮繊維が絡み合っているということは、せん断力に対して、高い強度を有するということにも繋がります。
しかし、コードバンの場合には、同じ方向に繊維が揃っています。緻密な繊維構造となっていますので、皮面に対する衝撃には、強度を発揮します。また、繊維方向に対して直角方向からの力(せん断力)には、高い強度を有しています。

しかし、繊維方向と同じ方向に加わる力(せん断力)に対しては、脆さがあるんですね。男性の腕力であれば、繊維方向 にコートバンを千切る(せん断)ことが出来るのです。

この2つの要素を事例とすると、わかりやすいのではないかと思うのですが、”コードバン”は繊維方向に対して丈夫ではない(弱い)革素材ながら、高い耐久性を有していることになるんですね。

それは実際、コードバン財布を、繊維方向に無理やり引きちぎるような力(せん断力)が加わるようなことは、通常の生活シーンでは無いわけで・・高い耐久性(銀面が無いなど)を誇る革財布となるわけです。繊維方向以外から加わる力に対しては、丈夫さがありますしね。
タグ:革財布
posted by honkawa00 at 17:59 | 本革財布コラム

2016年09月26日

『海の宝石』と呼ばれているエイ革(スティングレイ・ガルーシャ)素材!雨に強い本革財布に。

ei01.jpg

個性的な外観と他の革素材には無い、機能的な特性を有する革素材のひとつが”エイ革”です。「エイ革」は他に「スティングレイ」「ガルーシャ」などとも呼ばれている革素材で、『海の宝石』と称されています。

非常に硬くて光沢感があり、まるでガラスビーズを一面に敷き詰めたような細かい革表情(凹凸柄)が特徴となっています。手で触った感触も、ビーズに触れているような感覚がありますからね。とても、希少性の高い革素材に位置づけられています。


■エイ革(スティングレイ・ガルーシャ)素材の特性。

一般的に多くの本革素材は、「水の付着に弱い」といった特性を有しています。皮繊維内に水が浸透してしまうと、”水シミ”となるだけでなく、革の表面が膨れてしまったりするからですね。しかし、もともと海中で生息するために適した機能性を持ったエイ革は、「水をはじく」特性を有しています。これは、本革としては、とても珍しい特性であり、スティングレイならではの、機能性と言えるのではないでしょうか。

他に、特徴的な機能性を上げると下記のような要素があります。

・汚れにくい(象牙質・エナメル質のため汚れを弾く)
・固くて丈夫(昔から武具に使われていたほどで、型崩れも少ない)
・傷がつかない(長く美しく使える)
・高い縫製技術が必要。(縫える職人が少ないので希少性が高い)
・贋作が作りにくい。(合成皮革では作れない本物だけの素材感)

また、美しい宝石のような風情を有していることから、エイはラッキーフィッシュと呼ばれており、そのエイ革素材も金運UPに繋がるアイテムとして重宝されていたりするようです。スティングレイ仕様の財布は、金運財布としても、高い人気を得ているんですね。


■エイ革(スティングレイ・ガルーシャ)仕様の財布を取り扱っている専門店「BAHARI」。

エイ革素材は先に記したように、とても希少性が高い革素材です。ゆえに、エイ革(スティングレイ)を使用して創作されたスティングレイ仕様財布は、ほとんど一般市場には流通していないアイテム。エキゾチックレザー(パイソン、クロコダイルなど)を取り扱っている革ブランドで購入することとなります。

中でも、こちらの革ブランド・SHOP「BAHARI」(BAHARI公式HPはこちら)は、エイ革(スティングレイ・ガルーシャ)仕様の財布・バッグを専門的に取り扱っているのが特徴。とても貴重なエイ革仕様財布&バック専門店です。ぜひ、こちらのオンラインSHOPを訪れてみていただければと思います。希少なスティングレイアイテムが揃っていますので。

タグ:エイ革
posted by honkawa00 at 11:21 | 本革財布コラム

2014年11月17日

男性への誕生日プレゼントに「革財布」を選ぶとき。

boxlezad02.jpg

11月も中旬を過ぎました。12月の声を聞くのもすぐ間近といった感じですね。12月ともなるとクリスマスプレゼント選びがとても活発となる時期。今日は「プレゼントとメンズ革財布」に関して話をしてみたいと思います。

■男性への誕生日プレゼントとして「革財布」を選ぶときのポイント。

当ブログ記事でも何度か触れている要素ではありますが、男性への贈り物として「革財布」を選ぶときには、「ブランド名」を気にするよりも、「革の品質、作りの品質」が高いことを重視した本革財布を選んだほうが良いものです。

正直一流ブランドとして日本で人気が高いブランドであっても、「革財布」においては、革の品質はあまり高くなかったり、縫製などは「中国」で行っている商品も案外多々存在するものです。もちろん、ブランドによっても、その姿勢は変わりますので、ブランドごとに傾向が存在しているといったほうが良いかもしれませんね。

ただ、いずれにしても多くの男性の場合「革製品(革財布)」には、品質(素材・作り)の高さを求めるもの。まずは「革素材」の品質とその価値観はしっかり念頭にしておきたいポイントとなります。


■誕生日プレゼントの予算と本革財布。

贈り物をする上で、当然大切な要素となるのが「予算」ですよね。そこで最初に気にしておきたいのが、基本的に上質な本革財布(メンズ)を購入(プレゼント用)するには「¥20,000円以上」が必要となるということです。

1万円台でも、上質な革素材が活用されている商品もありますが、一般市場で流通しているものとしては、そのような商品は限定的(低い割合でしか存在していない)なものとなっています。ゆえに、予算として最低「2万円以上」というときに「本革財布」をプレゼントの対象とすると良いのではないでしょうか。

ちなみに、プレゼントに適した上質な本革メンズ財布をこちらのサイト(誕生日プレゼント「本革財布メンズ」特集)では予算別に紹介されていますので、参考となるかと思います。価格帯としては、4段階が存在しているんですね。

革財布11.com|本物志向のメンズ革財布情報|!はこちら。
posted by honkawa00 at 09:50 | 本革財布コラム

2014年10月23日

日本の男性に人気の本革財布BEST2!!「ラウンドファスナー長財布」編

tomas00.jpg

10月も終盤、これからあっという間に12月を迎えることになりそうです。12月といえば、クリスマスというイベントが控えていますよね。なんとなくまだまだ気が早い話のようではありますが・・それでも実体として予約販売や創作時間を要するアイテムも多々存在していることから、クリスマスプレゼント選びは、今頃から始まることになるようです。

そんなGIFT選びの参考にと、今回は日本における本革財布の人気BEST2(2種類の本革財布が抜きん出た人気となっているため・・BEST3とはしませんでした(笑))をご紹介しておきたいと思います。「人気財布」といっても、個別の商品(個別の商品などは売り上げ高、数などなかなか単純に比較できませんからね)ということではなく、「男性に高い人気を誇っている革素材の種類」を中心としたものとなっています。

人気長財布「日本で人気の本革長財布」の特集はこちら!!


日本で人気の本革ラウンドファスナーデザイン長財布!!

ラウンドファスナーデザインの長財布は近年、男性にも高い支持を得る財布となってきました。なんといっても、その収納力と機能性が他の財布と比べて大きな魅力となっているようです。そんなラウンドファスナーデザインの本革長財布として、最も人気を誇っているのが・・。

■一位:イタリアンオイルレザー(マットーネ、ミネルバボックス、ミネルバリスシオ)のラウンド長財布

です。イタリアレザーは世界的にも高い人気を誇るとともに、イタリアレザー仕様の財布は多種多様なものが揃っています。日本に流通している、代表的なイタリアオイルレザーとしては「マットーネ」「ミネルバボックス」「ミネルバリスシオ」が三大メジャーかと。同じイタリアオイルレザーといっても、それぞれ風情・特性が異なるのも多様性のある魅力となっているのかもしれません。

◆マットーネ(イタリオイルレザー)のラウンドファスナー長財布(詳細はこちら
saifu04.jpg

◆ミネルバボックス(イタリオイルレザー)のラウンドファスナー長財布(詳細はこちら
ayame02.jpg

◆ミネルバリスシオ(イタリオイルレザー)のラウンドファスナー長財布(詳細はこちら
ayame03.jpg


■二位:ブライドルレザーのラウンド長財布

ラウンドファスナー長財布は、”収納力”が特徴となっていることから、どうしても財布の中に沢山収納する傾向があります。財布の型崩れが生じてしまいやすい状況が生まれやすんですね。それゆえに、革素材自体に高い強度と耐久性があるものが望まれるのです。

ブライドルレザーは革素材の中でも最上位に位置づけられる強度と耐久性を有している革素材。ラウンドファスナー長財布には、最も適した革素材と言えるのかもしれません。実際、そんな革素材の特徴が認められて、多くの男性から高い支持を得ているラウンドファスナー財布となっています。

◆ブライドルレザーのラウンドファスナー長財布(詳細はこちら
grand03.jpg

◆THOMASブライドルレザーのラウンドファスナー長財布(詳細はこちら
glen00.jpg


タグ:革財布
posted by honkawa00 at 10:23 | 本革財布コラム

2014年10月21日

「水染めコードバン財布」は、艶の消失時が買い替え目安に。

最もベーシックなコードバンとなる、「水染めコードバン財布」は、自然で美しい艶感が最大の魅力となっています。人工的な「ガラス仕上げ」「エナメル仕上げ」の艶感とは、同じ艶であっても赴きが異なるものなんですよね。

そんな水染めコードバン財布は、使用していくうちに、徐々に艶が喪失していく傾向があります。使用状況やコードバン素材の品質によって、どの程度の時間で艶が無くなっていくのかは大きな違いがありますので、時間経過に関してはなんともいえませんが・・。それでも基本的には、水染めコードバン財布の場合、この「艶」が消失したときは、財布の買い替え時となるものと思っています。

コートバン財布は、耐久性が高いため、「財布の型崩れ(革素材)」も起きにくく、水の付着につえ気をつけていれば、本当に長きに渡って愛用していくことが可能な革財布です。それゆえに、いつまでも使用し続けようと思えば、使うことができたりするものですからね。なかなか財布の買い替えをしていない人も少なくないのかもしれません。

でも・・型崩れはしていなくとも、水染めコードバン財布の場合には、「艶が失われた」状態だと、水染めコードバンとしての価値が無いといいますか・・風情がなくなっている状態と言えるものです。コードバンの艶が消失する仕組みにも、複数の要因があり、お手入れすることによって、艶が回復する状況も存在しています。

お手入れによるコードバン財布の艶の回復に関しては、こちらの記事(水染めコードバンのお手入れ方法)も参考になるのではないでしょうか。

いずれにしても、本革財布の場合は、それぞれ革の個性が存在してるものです。その個性が消失したときは、財布の買い替え時と考えるのが適切なタイミングとなるものと思っています。
posted by honkawa00 at 10:38 | 本革財布コラム
NEXT>欧州皮革の本物志向革財布の一覧はこちら!
本革メンズ折財布

本物志向のメンズ革財布「二つ折り財布」一覧。

普段、あまりバッグを活用していない方に人気の”二つ折りデザイン財布”は、ポケットら納めて持ち歩くことが多くなるもの。必然的に、キズを負いやすく、財布の型崩れも生じやすいことから、長財布以上に”強度””耐久性”が求められる要素となります。 本物志向の”丈夫な本革仕様二つ折り財布”LISTをご参照いただければと思います。