末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2012年12月13日

革財布の”ポケット収納(カードなど)”は少し出し入れがきつめのものを選ぶ。

今回は、本革財布を選ぶ上でのポイントをひとつ取り上げてみたいと思います。

革財布の内装(カードポケット)状態

について。

たまに、口コミなどのコメントで「カードの出し入れが少しきつく感じる」といった形でデメリット的な表現にて記されているものを目にしますが・・。

それはデメリットなどではなく、逆に良い革財布を手にしたということなのかもしれないのです。

”革製品”全般に対して、忘れてはいけない要素が、「新品が良き状態なのではなく、使用していく中で、望ましい状態へと育つのが革製品」ということ。最初の新品時にベストだと思える状況があったとしたら、それは逆に・・不都合さを感じるものへと変化してしまう予兆なのかもしれません。

基本的に”革素材”は、最初は「堅さ」があるもの。使用していく中で革素材の種類によって程度は異なりますが少しずつ「柔らか味・柔軟性」を増していくものなのです。それと共に、革素材は「延び縮み」をするもの。通常使用していれば、使っていく中で”延びていく”ものです。

ゆえに

内装のカードポケットなどは、できれば新品当時は「出し入れがきつい」と感じるくらいのものが望ましいんですよね。そのくらいで使用していくうちに、丁度適切なサイズへと変化していくもの。最初にカードが出し入れ簡単と思えるような状態だと・・カードが簡単におちてしまったり、カードポケットの革素材が”波打ってしまう”ことになります。機能的にも見栄えとしても、好ましくないものに。

革財布は、その後の変化・成長を念頭にしながら選ぶことが大切なんですね。



posted by honkawa00 at 09:48 | 本革財布コラム

2012年12月12日

間違ってはいけない・・革製品の「日本製」の意味。

当ブログでも何度かお話していますし・・。

「日本製」であることの利点に関しても、記してきました。そんな中で、ひとつ注意しておいていただきたいのが「日本製」という言葉の意味(主旨)です。

「日本製」という言葉で表現されているものには、若干意味の異なる要素が存在しているのです。この違いを意識しておかないと、せっかくの日本製ならではの特徴が生かされないことになってしまいますからね。

基本的に、世の中で使われている「日本製」という言葉の中には以下の種類があります。


1.日本の企業(ブランド)が販売している革製品。

2.日本で縫製・創作している革製品

3.日本の企業が創作している革製品


です。

「1」と「3」はなんとなく同じ意味のように感じてしまうかと思いますが、やはり意味が異なる要素がありますので、分類しています。

「1」の中でも、「2」「3」の要素を持っているものもありますし、もっていないものもあります。ですから、単に「日本製」だから財布縫製技術が高いと考えてしまうと大きな失敗に繋がるんですね。

一番大切なのは「2」であるかどうかということ。

”日本製”であるとこのメリットを有したいのであれば、「2」の要素を持っているかどうかに注視して革製品選びをすることが大切なのです。

ですから、単に”日本製”という言葉を意識するのではなく、”日本の職人による縫製”かどうかを意識して、選ぶことが重要なんですね。
posted by honkawa00 at 10:26 | 本革財布コラム

2012年12月10日

革素材の「高価」と「希少性」は意味の異なる要素。

革素材の特徴を表す言葉(要素)に・・。

”高価”
”希少性”
”高級感”

といったものがあります。

一般的に・・ついついイメージとしてすべて同じような意味を持っているのではないか・・と思っている人も多いようなのですが・・

それぞれ意味が異なるものですので注意が必要な要素のひとつなんですね。

革素材(革製品)に関して

「高価」といのは、単純に「価格が高い素材(革財布)」であることを意味しています。あくまでも、実際の”価格(値段)”が高いかどうかを示しているだけで、その素材(革財布)の価値感があるかどうかとは別の話。価値感は低いのだけれども、”価格が高い(高価)”というものは多々あるものです。

「希少性」というのは、革素材(革財布)の”生産総量が少ない”という意味。”貴重””珍しい”という言葉と同じような意味を表しています。ですから、”高価”と比較して”希少性”の高いもののほうが”価値感”のあるものにつながりやすい傾向はあるのではないでしょうか。

「高級感」というのは、イメージとして”上品さ””ハイセンス””上質さ”といった要素が複合して感じられることを意味しています。ですから、実際の”価格”が高いかどうかは、また別の話。価格は安くとも「高級感」を感じさせる革素材(革財布)は存在しているのです。


革財布を選ぶ上では、こんな言葉のニュアンスもしっかりと認識した上で選択することも大切な要素となるように思います。

posted by honkawa00 at 14:02 | 本革財布コラム

「牛革」と「オーストリッチ」の耐久性の誤解?

いろいろな人とお話をしている中で、わりと誤解している人がいるのかも・・と思える要素のひとつに”革の耐久性”があります。革素材の実際の耐久性と”素材イメージ”に違いがあるんですよね。

代表的な素材のひとつが・・。

「牛革」素材と「オーストリッチ」素材の耐久性に関するイメージでしょうか。

”オーストリッチ”は、革素材として、最も「軽さ」のある革素材です。革素材らしからぬ”軽快感”が魅力のひとつとなっています。そんな要素があるからか・・”耐久性”に劣る革素材と思っている人が多いようなんですね。

でも・・本当は、わりと耐久性の高い革素材に位置づけられているんです。「牛革」素材と比較すると、なんと・・通常の牛革素材よりかは、オーストリッチ素材のほうが耐久性が高いのです。

ですから、「オーストリッチの財布」はあまり長く愛用していくことができないのでは・・と思っている人がいましたら、そんなことはありませんので(もちろん使用の仕方によって大きく変化しますが・・)、ぜひ活用してみていただければと思います。

posted by honkawa00 at 10:36 | 本革財布コラム

2012年12月06日

本革メンズ財布の4つの選び方ポイント

男性用の本革財布を選ぼうとしたときに、ついつい悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。革素材の種類も実に多様なものがありますし、仕上げの種類も含めれば、何を選んでいいのかと・・考えてしまうのも仕方が無いのかもしれません。

そんな本革財布を選ぶ上で、参考になるHPが下記。

革財布コラム「本革メンズ財布ランキング」

これは、革財布を選ぶ上で大切にしたい要素を4つの選び方ポイントを意識することで、選択しやすいものにするという考え方わ示してくれています。

4つの要素とは「機能性・価値感・風情・耐久性」。

全てを満たしたものを選ぼうとすると、なかなかそのような財布に出逢うことが出来ないもの。基本的に4つの要素の中から自分にとって、最優先したい要素をまずは決めることから始めるといいようです。

優先順位を意識してから、実際の商品を見てまわることが重要なんですね。購入してから、後悔しないためには、最初にきちんと条件を認識してやーおくことが必要ということなのです。

posted by honkawa00 at 17:50 | 本革財布コラム
NEXT>欧州皮革の本物志向革財布の一覧はこちら!
本革メンズ折財布

本物志向のメンズ革財布「二つ折り財布」一覧。

普段、あまりバッグを活用していない方に人気の”二つ折りデザイン財布”は、ポケットら納めて持ち歩くことが多くなるもの。必然的に、キズを負いやすく、財布の型崩れも生じやすいことから、長財布以上に”強度””耐久性”が求められる要素となります。 本物志向の”丈夫な本革仕様二つ折り財布”LISTをご参照いただければと思います。