末永く愛用していく・・そんな感性を育む「本革製品」

01.jpg ”使い捨て”の時代は過ぎ去り、今は”消費”と”保存”のバランスを大切にする・・そんな意識のある時代へと移行してきているように感じています。上手に消費しながらも、大切に使い続ける気持ちを大切にする・・そんな感覚でしょうか。

”使い続ける”感覚を育む上では、「本革製品」がとても有効なアイテムとなるものと思っています。大切に使用していると”革素材”は古くなるにつれて、とても味わい深いものへと変化していくものです。経年変化の美しさがあるのも、革素材ならではの特徴のひとつですよね。

もちろん、品質の高い(上質な)革素材でなければ、美しい経年変化を見せてはくれません。素材が上質であるからこそ、耐久性も高く、末永く活用していくことができるものとなるのです。ここでは、メンズ財布(男性用財布)を中心に本物志向の上質本革に着目。様々な種類の本革素材を対象に本格的な革財布(メンズ)を厳選してご紹介していきたいと思います。

2018年05月23日

CORDOVAN財布の種類!異なる革風情&特性のコードバン財布。

■仕上げ方法によって大きく特性が異なるコードバン。コードバン素材の種類と特徴。

コードバン素材は、仕上げ方法の違いによって、風情や特性が大きく異なります。同じ「コードバン財布」といっても、どんな種類のCORDOVANで作られたかによって、風合いも機能的な特徴も違うもの。

ゆえに、単にCORDOVAN仕様だからといって選んでしまうのではなく、仕上げ方法も踏まえ、それぞれの特性を理解した上でコードバン財布を選ぶ必要があるんですね。

実際に、どんな風合いのコードバン財布があるのかは、こちらのコードバン財布LISTを参照いただければと思います。

ここでは、革財布として使用されているCORDOVAN素材としてどんな種類があるのかをご紹介しておきたいと思います。




■水染め仕上げCORDOVAN




*メリット(魅力):自然美の光沢感。


*デメリット(弱点):非常に水シミとなりやすい。



【特徴】:

コードバンならではの最大の魅力となっている自然で美しい艶感が楽しめます。
ただ、時間経過と共に艶感が失われていく傾向があり、艶が鈍くなった状態時は、老朽化を感じさせる
ことに。そんな時が財布の買い替え時となります。




■蝋引き仕上げCORDOVAN




*メリット(魅力):撥水性有り。風情ある経年変化。


*デメリット(弱点):CORDOVANならではの艶感がありません。



【特徴】:

水染めCORDOVANと対照的な特徴を有しているのが、蝋引き仕上げCORDOVANです。
艶感の美しさはありませんが、替わりにアンティークな風情が魅力となっています。時間経過に伴う
経年変化が美しさが特徴で老朽化を感じることが少なく最も末永く愛用していけるコードバン財布と
なります。




■オイル仕上げCORDOVAN




*メリット(魅力):しなやかさのある素材感とムラ感ある色調。


*デメリット(弱点):コードバン本来の固さ感がありません。



【特徴】:
革繊維の中にたっぷりと天然オイル(植物性オイル、牛脂など)
を浸透させることによって創出されるのがオイルコードバンです。
コードバンならではの革の固さ感が無くなり、しなやかな手触感となるのが最大の特徴。
オイルによる染色色ムラがレトロな風情を醸し出しています。





■ナチュラル仕上げCORDOVAN




*メリット(魅力):革素材本来の素材感と色調が楽しめます。


*デメリット(弱点):水の付着に弱く、シミが付き易い。



【特徴】:
ナチュラルコードバンは、鞣し後オイルを加え無染色のままグレージング(艶出し)加工を
することによって創出されるCORDOVAN素材です
。自然な風味が最大の特徴で、時間経過とともに飴色へと変化していく経年変化の美しさが
楽しめるのが魅力となります。





■手染め仕上げCORDOVAN




*メリット(魅力):グラデーションを有する美しい色彩。


*デメリット(弱点):水の付着に弱く、シミが付き易い。



【特徴】:
CORDOVANの中でも希少性が高いのが手染め仕上げCORDOVANです。手染め仕上げが
出来る職人数が世界的に見ても少ないからなんですね。
水彩画のような美しいグラデーションある色彩が最大の特徴となっています。
オリジナリティー溢れる世界にひとつの財布を創作することが出来るのが魅力に。





■ホーウィンシェルCORDOVAN




*メリット(魅力):最高品質に位置づけられる高級感が魅力。


*デメリット(弱点):高額な革素材。



【特徴】:
仕上げ種類としては、オイルコードバンに位置づけられるものですが、世界最高峰のCORDOVANと
呼ばれているのが北米を拠点とするホーウィン社が創出さているシェルコードバンです。
「シェルコードバン」は商標登録されているもの。正規品以外に勝手にシェルコードバンと
名付けているような紛い物が多数存在していますので注意が必要です。

posted by honkawa00 at 10:25 | コードバン財布

2017年11月08日

HERGOPOCH|国産水染めコードバン仕様の二つ折り財布「CVW-WT2」

van37.jpg

年々、原皮の生産量が減少。希少性が増すとともに、価格も値上がり続けているのが”コードバン素材”です。

そんなコードバンの中でも、さらに貴重な国産(日本のタナリーで生産)水染めコードバンを使用して、創作された二つ折り財布「CVW-WT2」

日本革ブランド”HERGOPOCH(エルゴポック)”が創出している国産水染めコードバン仕様の二つ折り財布です。

エルゴポックは、革バッグ作りを長年手がけている株式会社キヨモトが、その伝統・技術を活かし、2005年に立ち上げたオリジナルブランド。 丁寧な作りが魅力となっています。

現在、「¥45,360円(税込み)」という価格となっていますが、来年になると、間違いなく、値上がりとなるかと。

国産水染めコードバン仕様の二つ折り財布「CVW-WT2」の商品詳細・購入はこちらから。

コードバン仕様アイテムは、思い立った時、すぐ購入するのが、一番お買い得となるものです。末永く愛用していくことが、出来る二つ折り財布として、時代を問わず、人気のアイテムとなっています。

その他、コードバン仕様の二つ折り財布に関しては、こちら日本ブランドのコードバン二つ折り財布特集!!の情報を。また、コードバン素材以外の革仕様の二つ折り財布に関しては、こちらの本革財布(メンズ)二つ折り特集!日本革ブランド&革工房の厳選15アイテム。をご参照してみてはいかがでしょうか。

posted by honkawa00 at 09:16 | コードバン財布

2015年05月18日

「日本製コードバン財布」との表記には2種類の意味が存在。

本革財布は、なるべく末永く活用していきたいアイテムですよね。そういう意味で財布の耐久性はとても重視しおきたい要素です。革素材の耐久性と縫製技術の確かさが財布の耐久性を決める要素となりますので、この2つのポイントを有した革財布が末永く愛用できる財布ということになります。

そんな革財布の代表とも言えるのが「日本製コードバン財布」ではないでしょうか。CORDOVAN素材は、革素材の中でも、最高峰に位置づけられる耐久性を有している革。そんなCORDOVANを高い技術を有した日本の革職人が手がけたものは、末永く活用することができる財布の代表となるものです。

ただ、表記上注意が必要なことがひとつ。

「日本製コードバン財布」という表記には、2つの種類があるといいますか、2つの意味が異なる要素が含まれていることです。ひとつが「日本製のCORDOVAN素材を使用して、作られた財布」という意味。もうひとつが、「日本(日本の革職人)で作られたコードバン財布」という意味です。

世の中には、わりと良く知られているコードバン財布の中に、「日本製のCORDOVANを使用して、中国で縫製された財布(FLYING HORSE)」が存在しています。それは、素材としての耐久性は高いものの、作りの耐久性としては、商品ごとのバラツキがある・・そんな傾向があるんですよね。

ですから、「日本製コードバン財布」と表記されていても、「日本」で作られているものと「海外(中国など)」で作られているものの2種類があることは、しっかり覚えておいていただければと思います。日本で作られたコードバン財布に関しては、こちらの「日本ブランドのコードバン財布」の特集で様々な商品が紹介されていますので、ご参考にしていただければと思います。

タグ:コードバン
posted by honkawa00 at 09:35 | コードバン財布

2015年04月20日

グラデーションの色彩が特徴のYUHAKUコードバン長財布。

yuhaku04.jpg

天然素材である革素材は厳密に言えば、ひとつひとつがオリジナリティを有しているものとなります。色彩・柄などが採取場所によっても微妙に異なるからなんですね。それが革製品(革財布)の魅力ともいえるものです。

そんなオリジナリティーが最大の魅力ともなっているのが、YUHAKUが創作している「手染めCORDOVANの長財布」です。手染め仕上げとすることによって、不均一な、美しい景色を思わせるグラデーションのある色彩が生まれます。このグラデーションの色調は、皮素材によっても大きく異なりますし、同じ皮から採取したものでも、色調や柄・風情が大きく異なるのです。

まさに、世界にひとつだけしかない、オリジナリティ溢れるコードバン財布となってくれるんですね。

YUHAKUのコードバン長財布の詳細・購入はこちら。

*素材:コードバン(グラデーション染め)
*色彩:ダークブラウン、ブルー、ワイン、ブラック
*縫製:日本(革職人)
*価格:¥39,900円(税込み)


posted by honkawa00 at 09:26 | コードバン財布

2015年03月20日

今夜蠟引きコードバン財布シリーズに新作登場!「通しマチデザインの長財布」

van17.jpg

嬉しいお知らせです。

大人気の財布シリーズとなっている「蠟引きコードバン財布シリーズ」に待望の新作が登場いたします。それが「蠟引きコードバンの通しマチデザイン長財布」です。

今まであった長財布は「ササマチ」デザインのもの。ササマチデザインは財布をスマートに活用することができる財布となるのが魅力なわけですが、お札の収納力はやや落ちるデザインなんですよね。沢山お札を収納しておきたいといった人には少々物足りなさがあったかと思います。

で・・。「通しマチデザイン」の場合はササマチと比較してお札の収納力が格段にUPします。逆に少々長財布としての厚み感が出てくるわけですが、「収納力」を重視する人にとってはこちらの通しマチデザインのほうが適している長財布となります。

財布のラインナップとしては待望の「通しマチデザイン」となるわけですよね。

そんな新作が今夜20日 21時から販売開始!となります。蠟引きコードバン財布シリーズは再入荷販売後10分〜30分程度で売り切れとなることが続いていますので、この新作「通しマチデザイン長財布」も販売開始後早々に完売となることが想定されるもの。

購入するのであれば、今夜20日「21時〜21時30分」の間には、こちらの公式SHOPを訪れていただければと思います。

蠟引きコードバンの通しマチデザイン長財布の詳細・購入はこちら。

*素材:蠟引きコードバン
*色彩:K鹿毛、鹿毛
*縫製:日本
*価格:¥40,000円(税込)

posted by honkawa00 at 10:00 | コードバン財布
NEXT>欧州皮革の本物志向革財布の一覧はこちら!
本革メンズ折財布

本物志向のメンズ革財布「二つ折り財布」一覧。

普段、あまりバッグを活用していない方に人気の”二つ折りデザイン財布”は、ポケットら納めて持ち歩くことが多くなるもの。必然的に、キズを負いやすく、財布の型崩れも生じやすいことから、長財布以上に”強度””耐久性”が求められる要素となります。 本物志向の”丈夫な本革仕様二つ折り財布”LISTをご参照いただければと思います。